ピアノ初心者が買うならどれがいい?環境にあったピアノの選び方

ピアノ初心者が買うならどれがいい? ピアノの準備
ピアノ初心者が買うならどれがいい?

ピアノを始めよう!と大人になってから決めた。

ただ、1つだけ必ず必要になるものがあります。

ピアノ教室に行くにしても、独学で進めるにしても必要になるもの。

それが「ピアノ」です。

ピアノを上達したいなら、毎日ピアノに触れる必要があります。

そのため、自宅にピアノがなければピアノ教室に行ったとしてもなかなか上達は出来ません。

ただ、どんなピアノを選べば良いのか分からないという悩みがありますよね。

ましてや、初心者なので選ぶ基準も分からないと思います。

そこで、大人になってからピアノを始めた初心者が、ピアノを選ぶ視点についてお伝えします。

ピアノの種類を知っておこう

まずは、ピアノの種類を知っておきましょう。

一言でピアノと言っても、大きく分けると次の3種類に分かれます。

・グランドピアノ

・アップライトピアノ

・電子ピアノ

「グランドピアノ」と「アップライトピアノ」はアコースティックピアノや生ピアノと呼ばれています。どちらも、鍵盤に繋がったハンマーで弦を叩いて、ピアノ本体に共鳴させて音を出す仕組みです。
音を出す仕組みはどちらも同じですが、アップライトピアノは家庭にも置けるようにコンパクトに設計されています。対するグランドピアノはより良い音を出すために奥行きがある大きな形状になっています。

電子ピアノは、鍵盤に対応したセンサーを元に、録音した音を鳴らす仕組みです。
電子的に音を鳴らすため、大きさや形はアコースティックピアノほどの成約はなく様々です。録音した音を鳴らす仕組みのため、ボタン一つで音色を変えることも出来ます。
また、外部出力、入力もしやすく、パソコンやスマートフォン、タブレットと連動した機能を搭載しているモデルもあります。

電子ピアノだけでも多種多様なモデルが有るため、目的を決めてから条件を満たすモデルを探すと良いでしょう。

ピアノの選び方3つの視点

ピアノを選ぶ際、3つの視点があります。

・予算

・場所

・環境

この3つです。

予算は、ピアノを購入するのに用意できるお金です。グランドピアノだと、新品で100万円以上、アップライトピアノでも50万円以上必要になります。
電子だと、安いものであれば1万円~2万円程度。高級なモデルだと30万円程度のものもあります。
中古品であれば、値段は抑えることが可能です。

場所は、ピアノを置けるスペースです。
グランドピアノであれば、当然一部屋分のスペースが必要になります。
アップライトピアノであれば、壁側にある程度のスペースが必要に鳴ります。
電子ピアノであれば自由度は高いですが、据え置きのモデルを選ぶか、持ち運び出来るモデルを選ぶかで場所の制限は変わってきます。

環境については、いつピアノを弾けるのか?どれくらいの意気込みか?などです。

ピアノを弾けるのが深夜の場合、マンション等だと大きい音は出せません。そうなると、アコースティックピアノであれば消音装置を取り付けられるモデルにする必要があるし、それが出来ないのであれば電子ピアノを選ぶようになります。
また、コンクールに挑戦するくらい上達したいのであれば、アップライトピアノやグランドピアノを選んでもいいですが、趣味程度に弾ければよいのであればオーバースペックとなります。

大人の初心者におすすめのピアノはどれ?

ここまでの内容を踏まえて、初心者におすすめのピアノの選び方を考えていきたいと思います。

まず、グランドピアノやアップライトピアノといったアコースティックピアノは選びません。
場所が制限される事。価格が高い。という事も理由の一つですが、最大の理由は「いつまで続くか分からない」ためです。
始める前は、絶対続ける!と気合十分の状態だと思います。
しかし、私の場合飽きっぽい性格なので、いつまで続くか分からないという心配な面もありました。
私の周りで、「ピアノは昔やってたけど、今は物置になってる」という人が何人もいたのも理由の一つです。

そうなると、電子ピアノの中から検討するようになります。

まずは、どこで弾くのか?

家の外でも、持ち運んで弾きたいのであれば、携帯しやすいタイプ。
軽量のキーボードや折りたたみ、ロールタイプのキーボードが挙げられます。

家の中だけで良いのであれば、据え置きタイプ。
ペダル付きのモデルなら、アコースティックピアノと同じように音に表現をつけることが出来ます。

ただ、据え置きタイプを置くスペースが無いのであれば、ペダルがないキーボードタイプが良いと思います。
キーボードだけであれば、置き場所の自由度も高くなります。しまうスペースも少なくて済みます。
ただ、キーボードだけだとペダルが使えないので、ペダルを使った練習は出来ません。

これを踏まえて、予算との相談をするわけですが、1つだけ気にしてほしい点があります。

鍵盤の数です。

アコースティックピアノは、鍵盤の数が88あり、これがフルサイズになります。
それより少ない鍵盤の数だと、曲によっては音が足りなくなってしまい、弾きたい曲が弾けない状況になってしまうかもしれません。
そのような心配をしないためにも、88鍵盤を選ぶようにしましょう。

まとめ

大人になってからピアノを始めようと思った初心者の方が、ピアノを選ぶ視点についてお伝えしました。

私の場合、たまたま妻が昔使っていた電子ピアノが家にあったので、それを使用しました。

KAWAI 170Mというモデルです。

もう数十年前のモデルだと思いますが、音も出ますし88鍵盤あるし、問題なく使えています。

個人的な意見では、安くてもいいから早く手に入れたほうが良いのではないかと思います。

イロイロ悩んで高級モデルを購入しても、やめてしまったらもったいないです^^;

ですから、将来的にピアノを続けられる!もっといい音で弾きたい!もっと本格的なピアノがほしい!と思った時に、イロイロ比較しながら自分が気に入ったモデルを手に入れる方法が良いと思います。

まずは、ピアノに触れてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました