ピアノ全くの初心者の大人は弾けるようになる?弾くための3つの準備

大人のピアノ初心者 ピアノの準備
大人のピアノ初心者

大人になってからピアノを始める方が増えています。

背景としては、新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛があります。
外出自粛により増えたおうち時間を有効に活用しようと、趣味として楽器を始める方が増えているとニュースでも取り上げられておりました。

楽器の中でもピアノに注目する方が増えています。最近になって活躍が多く見られるピアノ系YouTuberの活躍も要因の一つではないでしょうか。ピアノ系YouTuberは、ストリートピアノやスタジオ、自宅などで演奏した様子をを配信しているピアニストの方々です。こうしたYouTube系ピアニストの活躍から、ピアノを耳にする機会が増えて「私も弾いてみたい」という動機になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、いざピアノを始めようとしても自分に弾けるか不安を持つ方も多いと思います。

ピアノと言えば、「子供の習い事」というイメージが強いと思います。そうすると、子供の頃から始めないと上手に弾けない。大人になってから弾くなんて難しい。左右の指で鍵盤を弾くなんて、自分にはできない。そう思ってしまうのもムリはありません。

そこで、ピアノの経験が全くない大人が弾けるようになるのかをお伝えしたいと思います。

ピアノ全くの初心者の大人は弾けるようになる?

大人になってからピアノを始める場合、2つのタイプに分けられると思います。

1つ目が、子供の頃にピアノを習っていて辞めてしまったけど、大人になって再開するタイプ。
2つ目が、子供の頃からピアノはほとんど触ったことがなく、全く経験が無いタイプ

1つ目のタイプの方は、過去の経験からピアノの難易度がどの位なのかをイメージでると思います。
対して2つ目のタイプはピアノの難易度のイメージが出来ません。

では、ピアノ、キーボードの経験がなくても弾けるようになるのでしょうか?

答えは「ピアノは大人になってから始めても弾けるようになります」

なぜなら、私がピアノの経験が全く無いのに弾けるようになったからです。

私はピアノどころか楽器は全く触ったことがありませんでした。経験した楽器は、学生時代に授業で使っていたピアニカとリコーダー程度です。音楽に触れるのも、流行りのJ-POPを聞く程度。音楽に対して強い気持ちは全く無いまま40歳を過ぎていました。

そんな私がピアノを始めたのは、ポップスピアニスト ハラミちゃんの演奏をYouTubeで見たことがきっかけでした。広瀬香美さんとコラボした動画を見たのをきっかけに、楽しそうに演奏するハラミちゃんとハラミちゃんが演奏するピアノの音色に年甲斐もなく夢中になりました。

コロナ禍もあり、最近あまり「楽しい」と思えることが少なかった中で、心の底から「楽しい」と感じさせてくれたハラミちゃんに、とても感謝していました。

その中で、2020年7月18日にハラミちゃんが1本の動画を公開しました。ハラミちゃんのテーマ曲「ハラミ体操」をピアノで弾いてみようという動画です。

20秒ほどの短いテーマ曲でしたが、ハラミちゃんが弾き方を教えてくれる動画。そして、動画のサムネイルには「ピアノ未経験でも弾ける!」と書かれていました。それを真に受けて、ピアノ未経験だけど弾いてみよう!と始めたのでした。

おかげさまで、1ヶ月程度でハラミ体操は弾けるようになり、今では別な曲にもチャレンジしています。

このような私の経験から、「ピアノ未経験でも弾けるようになる」と言えます。

ピアノを弾くための3つの準備

全くピアノ経験が無い大人でも、ピアノを弾けるようになることは可能です。

ただ、少し準備が必要だと思います。

それは、技術的な事の前に、心構えです。

心構えというか、「ピアノを弾きたい」という強い気持ちです。

強い気持ちというと、ちょっと重い感じもしますね。

ただ、ピアノを弾けるようになるのは簡単ではありません。

そして、ピアノを続けるのも自由。辞めるのも自由です。

強い気持ちがなければ、難しい課題を目にしたときに、辞める方に気持ちが傾いてしまいます。

とは言っても、強い気持ちというのはそれほど難しくありません。

言い換えれば、心構えです。

どのような心構えが必要か、お伝えしますね。

あなたがピアノを弾きたい理由はなんですか?

あなたが「ピアノを弾きたい」と思う理由は何ですか?

・どうしても弾きたい曲がある

・ピアノの発表会で演奏してみたい

・ストリートピアノで一曲弾いてみたい

色々あると思います。

理由は「目標」になります。

目標があれば、それに向けて頑張ることが出来ます。

また、目標が明確なゴールになりますので、ゴールと今の自分の状況を冷静に比較出来るようになります。

そうすると、どこが出来ていて、何処が出来ていないかがはっきり分かるようになります。

それが、出来ていない部分を出来るようにしようとするモチベーションに繋がります。

ピアノを弾きたい理由がない場合は、目標(ゴール)が無いため、何処に向かっていいか分からない迷子になってしまいます。

そして、弾く理由がないので辞めてしまうことに繋がってしまいます。

何でも良いです。

どんな小さいことでもいいです。

ピアノを弾きたいと思う理由を持ちましょう。

思い浮かばなければ、好きな曲を1曲でも良いので弾けることを目指してみましょう。

それだけで、上達力、継続力が全く変わってきます。

ちなみに、私の理由は「ストリートピアノでハラミ体操を弾いてみたい」ということでした。

外出出来ていないため、ストリートピアノへは行けていませんが、ハラミ体操は弾けるようになりました。

次の目標は、「ストリートピアノで、1曲弾いてハラミ体操で締めたい」になりました。

目標は、達成したらどんどん変えていっても良いと思います。

あなたが「ピアノを弾きたい」と思う理由は何ですか?

うまく弾けなくても焦らない

ピアノは思うように上達しません。

ピアノは両手で演奏します。

右手でメロディラインを弾き、左手で伴奏を弾きます。

まずは片手から練習するのが一般的です。

メロディラインは、指一本ならなんとか弾ける。

でも、左手の伴奏を弾こうとすると、指が全く動かない。

伴奏で、鍵盤を2つ弾こうとしても、どの指で弾いたら良いのか分からない。

弾く指が分かっても、指がうまく動かなくて攣りそうになる。

それでも練習を続け、片手づつならなんとか弾けるようになったとして、両手で弾こうとすると・・・

頭が真っ白になり何処をどう弾いたら良いのか、わけが解らなくなる。

1音1音両手で合わせながら、少しづつ両手で弾ける音を増やしていく。

凄くゆっくりならなんとか両手で合わせて弾ける。

でも、1音1音やっと弾いてる状態で、音が繋がらない。

それでも繰り返し練習し、間違えながらも少しづつ曲になっていく。

なんとか両手で弾けるようになっても、所々間違えてしまう。

それでも練習を続けて、少しづつ間違えを減らしていく。

今まで使ったことがない筋肉を使うため、腕の変な所が筋肉痛になる。

意外と弾けるようになったと思い、演奏の様子を録画してみると、凄くぎこちない演奏。

うまくいったり、間違えたり。

一進一退しながら、なかなか上達しないのを我慢しつつ反復練習を繰り返す。

ゆっくりだと弾けるようになってきたので、少しスピードを上げようとすると左右でタイミングが合わなくなる。

スピートを落として、両手のタイミングを確認して、再度スピードアップを試みる。

これらの内容は、私が「ハラミ体操」の演奏に取り組んだ際に感じた事です。

未経験からピアノを演奏するには、このような困難があります。

それでも、ゆっくりていねいに取り組むことで、必ず弾けるようになります。

まずは『ピアノは思うように上達しない』という事を知っておきましょう。

思うように上達しないので、焦らないのが大切です。

ピアノを短時間でも毎日続ける

最後に、ここだけは必ず取り組んでほしい事です。

「ピアノは毎日弾きましょう」

大人になってからピアノを始める場合、他にやらなければならないことが沢山あると思います。

・仕事で時間が取られる

・通勤でも時間が取られる

・家事(料理、洗濯、掃除等)もしなければならない

・お子さんがいれば、お子さんの世話にも時間がかかる

などなど、日々の出来事で忙しい。

そんな中、新しくピアノの時間を取り入れるとなると、結構大変に思えてしまいます。

時間の確保は大変なんですが、

「毎日2時間がんばります」

なんて気合を入れてハードルを上げてしまうと、2時間時間が取れない時は練習できないと思ってしまう。

では、1時間では?

それでも、仕事が忙しくて夜遅く帰ってくるような日だと時間の確保が難しいのではないでしょうか。

決めた時間が長いと、その時間が確保できない事で「今日は練習ができない」と思いがちです。

それで練習が出来ないのはもったいないです。

私の場合は「1日3分、毎日練習する」という目標を立てました。

個人的な意見ですが、1週間に1回3時間練習するより、毎日3分練習を続けたほうが、上達は早いと思います。

それに、3分で練習を終わるのは、本当に時間が無い時だけです。3分やればモチベーションも上がって数十分~1時間程度続けてしまいます。

毎日3分以上、仕事が休みの日は時間を決めないで好きなだけピアノを弾いてみる。

こうした緩めの取り組みで、10ヶ月以上毎日ピアノを弾いています。

1日に取り組む時間は短くても良いので、「毎日ピアノに触れる」という取り組みを続けてみませんか?

まとめ

ピアノ全くの初心者の大人が、ピアノを弾けるようになるための3つの心構えをお伝えしました。

・目標を持つ

・焦らない

・短時間で良いので毎日ピアノに触る

ピアノが弾けるようになるには、継続することが大切だと思います。

そして、この3つの心構えを持つことで、継続出来ると思います。

ぜひ継続してピアノに取り組んで、目標を達成して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました