ピアノ初心者が覚えたい運指の練習方法

運指 ピアノ
運指

ピアノの練習をしている時、音域が広い部分を弾こうとすると、なかなかスムーズに指が動かないことはありませんか?

また、音の動きが激しい場合、指の動きがついていけず、どの指で弾いて良いのか分からなくなってしまうことはありませんか?

指の動きに課題を感じたら、指の動かし方(運指)を見直してみましょう。

運指とは

運指とは、ピアノを弾く時に鍵盤が弾きやすい指の動きの事です。

ピアノの鍵盤は88あります。

それに対して指は左右合わせて10本です。

鍵盤に対して指の数が足りません。

そのため、正しい指の動きを覚えなければ、ぎこちない演奏になってしまいます。

ですから、初心者はまず「運指」があるということを覚えておきましょう

運指の基礎

運指は指の動きを表したものです。

ピアノの教本には、音符とともに1~5の番号が書かれている場合があります。

この番号が、「どの指で弾くか」という事を表したものになります。

指の番号は、次のように決められています。

1:親指
2:人差し指
3:中指
4:薬指
5:小指

これは、左右とも同じです。

右手は、1番から5番にかけて音階が上がっていくのに対し、左手は5番から1番にかけて音階が上がっていくようになります。

練習しながらでいいので、何番がどの指なのかをしっかり認識できるようにしましょう。

「4番だから、薬指だな→弾く」

ではなく

「4番→弾く」

という具合に、考えなくても弾けるようになるのが理想です。

親指くぐしを覚えよう

では、右手でドレミファソラシドを弾いてみてください

右手で順番に弾くと、

ド:1(親指)
レ:2(人差し指)
ミ:3(中指)
ファ:4(薬指)
ソ:5(小指)
ラ:足りない
シ:足りない
ド:足りない

というように、音階が8つなのに対して指が5本なので、指が足りなくなってしまいます。

その場合に使うのが「親指くぐし」です。

親指くぐしでは、3番(中指)か4番(薬指)の後、親指を小指側に移動させる技術です。

親指を、他の指の下をくぐすことから、「親指くぐし」と呼ばれています。

親指くぐしを覚えると、先程のドレミファソラシドはこのようになります。

ド:1(親指)
レ:2(人差し指)
ミ:3(中指)
ファ:1(親指)
ソ:2(人差し指)
ラ:3(中指)
シ:4(薬指)
ド:5(小指)

実際に弾いてみると、スムーズな指使いになったと思います。

ちなみに、音階ごとに弾く指は、上記のようにド=1番という具合に決まっているわけで有りません。
その時時で連続して弾く音階の範囲から、適切な運指を決めていく形になります。

広い音階を引く場合には、この親指くぐしは必要になります。

そして、慣れないと親指くぐしをした時にテンポが狂ってしまいがちです。

親指くぐしをする前後で、テンポが変わらずにスムーズに弾けるように出来るようにしましょう。

運指の練習

では、運指の練習をしましょう。

運指の練習には、指番号が書かれた楽譜を用意します。

レッスン用の教本に指番号が書かれた楽譜がありましたら、そちらを参考にしましょう。

もし、指番号が書かれた楽譜が無いようであれば、YouTubeの動画の中には指番号が書かれた初心者向けの動画があります。そちらを使用しても良いと思います。

教材を用意するのは、「正しい指使い」の例を知ることに繋がります。

正しい指使いの例を知れば、それに沿って練習するだけです。

まずは、ゆっくりでいいので1音1音どんな指の動きをしているのか確認しながら弾いてみましょう。

そして、指1つ1つ、どんな動きをすればスムーズに弾けるのかを意識しながら練習してみましょう。

ゆっくり弾くことで、何処がぎこちないか自分で感じることも出来ます。

ゆっくり、ていねいに練習して、スムーズに弾けるようになったと感じたら、少しスピードを上げてみる。

まとめ

初心者が運指を覚える練習方法をお伝えしてきました。

運指は基礎となる動きです。これがスムーズに出来ると、演奏がなめらかになります。

考えなくても出来る位慣れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました