3cmはどのくらい?日常で簡単に測る8つの方法

少し 生活
スポンサードリンク

オンラインショッピングをする際、商品の厚みが3センチメートル以内に収まるかを確認することは大切です。このサイズを超えると、配送料が高くなる可能性があるため、商品の厚みを適切に管理する必要があります。しかし、日常生活で3センチメートルを測るための道具が手元にないこともあります。

私自身も以前、商品の厚みを測る際に100円ショップで買った測定ツールが見つからず困ったことがあります。大事に保管していたはずなのに、いざ必要な時に限って見つからないんですよね。

そこで、身近なものを使って3センチメートルを測る方法を調べてみました。この記事では、普段の生活で手軽に見つけられるものを使って3センチメートルを測る方法をわかりやすくご紹介します。

3センチメートルを正確に測れないと、不必要な出費がかさむこともあります。

3センチメートルってどのくらい?

疑問

こちらは3センチメートルを測るのに役立つ、日常で見つけやすいアイテムの例です。

・500円硬貨の直径
・ペットボトルの飲み口の直径
・ペットボトルのキャップの直径
・親指の第一関節に人差し指の爪を当てた時にできる輪の大きさ
・50円硬貨の直径とその縁から中心の穴までの距離
・レシートを縦に半分に折った長さ
・小指の先端から第一関節までの長さ

意外と身の回りには3センチメートルを測る方法が多くあります。それでは、これらの方法についてもう少し詳しく説明していきましょう。

500円硬貨を使った3センチメートルの測定方法

日常的に使われる500円硬貨を利用して、約3センチメートルを測定することができます。500円硬貨の直径はおよそ26.5ミリメートル(2.65センチメートル)で、これは3センチメートルより少し短いです。ですので、「3センチメートルは500円硬貨の直径よりちょっと長い」と覚えておくと便利です。この方法なら、手軽に500円硬貨を使って3センチメートルの大体の長さを知ることができます。

ペットボトルの飲み口の直径を使った測定

日本で普通に売られているペットボトルの飲み口の直径は、だいたい2.8センチメートルです。家にある使い終わったペットボトルを使えば、約3センチメートルを測ることが可能です。また、ペットボトルの飲み口は、料理での抜き型としても利用できるので、食事のプレゼンテーションに役立つアイテムです。

ペットボトルのキャップの直径での測定

ペットボトルのキャップの直径はほぼ3センチメートルなので、これを使って測定することもできます。興味深いことに、ペットボトルのキャップ2つ分は大さじ1杯分の量と等しいです。多用途に使えるペットボトルは、使用後も洗って保管しておくと様々なシーンで便利です。特にキャンプやアウトドアでの長さの測定に役立ちますが、ペットボトルのサイズは厳密な規格ではないため、商品によってサイズが異なる場合がありますので注意が必要です。

手軽に見つかるペットボトルのキャップを使った測定方法は、緊急時にも役立ちます。

親指と人差し指で作る輪の大きさ

自分の体を使って3センチメートルを測る方法もあります。人差し指の爪を親指の第一関節に当てて輪を作ると、その内側の直径が約3センチメートルになります。実際に試したところ、大体3.2センチメートルでした。この方法で測る際は、輪の内側の直径を測ることが大切です。ペットボトルの飲み口が約2.8センチメートルであるため、作った輪と比べてみるのもおもしろいですね。

この方法を4歳の子どもにも試してみましたが、その場合は約2.5センチメートルでした。したがって、この方法は大人向けの測定方法と言えます。

5円硬貨を使った3センチメートルの測定方法

次に、一般的な財布によくある5円硬貨を使用して3センチメートルを測ってみましょう。5円硬貨は縁起が良いとされ、多くの人が財布に入れていますね。この方法では、5円硬貨を2枚使用します。まず、平らな場所に5円硬貨を2枚並べてみてください。

5円硬貨の穴の端から外側までの距離は約0.85センチメートルで、これに別の5円硬貨の直径2.2センチメートルを足すと、合計で約3.05センチメートルになります。
0.85cm+2.2cm=3.05cm

50円硬貨を用いた3センチメートルの測定法

もし5円硬貨がない場合は、50円硬貨2枚でも3センチメートルの長さを知ることができます。50円硬貨を2枚並べて、その直径2.1センチメートルと穴から端までの距離0.85センチメートルを足すと、合計で約2.95センチメートルになります。注目すべきは、50円硬貨の直径が5円硬貨よりも少し小さいという点です。
2.1cm+0.85cm=2.95cm

キャッシュレスの支払いが増えて小銭を持ち歩くことが少なくなってきましたが、通信障害や停電などの緊急事態では現金の重要性が高まります。硬貨をいくつか携帯しておくと、こうした場合に長さを測るのにも役立つため、常に持っておくと便利です。

レシートを半分に折って3センチメートルを測る方法

多くのレジスターは主要メーカー製であるため、スーパーやコンビニで受け取るレシートはだいたい同じサイズになっています。一般的なレシートの横幅は約5.8センチメートルです。

このレシートを縦に半分に折ると、長さが約2.9センチメートルになります。これは3センチメートルに非常に近いため、測定に便利です。
5.8cm÷2=2.9cm
普段、ため込んでしまうレシートをこんな風に使う方法もありますね。

大人の小指の長さで測る

一般的な成人の小指の先端から第一関節までの長さは、だいたい3センチメートルです。ただし、この方法は個人差があるので、目安として考えるのが良いでしょう。私の場合は、2.5センチメートルでした。

スポンサードリンク

まとめ

普段の生活で手軽に3センチメートルを測る方法があると、メルカリなどの発送時にとても便利です。ハードカバーの本のように、3センチメートルに近い厚さの物を包装する際に特に役立ちます。包装材の使用方法によっては、厚さが変わるため、そこが腕の見せ所です。

特に、夜中に家中を探し回って定規を探す必要がなくなるので、子どもがいる家庭には便利です。

定規が手元になくても、3センチメートルを測りたいときには、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました