どうして長持ちするの?長期保存水の容器技術について

保存水 生活
スポンサードリンク

水の備蓄は災害時には欠かせないものです。一般的に市販されているボトル入り水の賞味期限は約1〜2年ですが、それを超えることもありますね。

そんな時に役立つのが長期保存水です。この水は一度手に入れると、数年間保存が可能で、災害が起こった際には大きな支えになります。非常時には信頼できる品質の水を確保しておきたいですよね。

長期保存水が通常のボトル水と異なる点は、容器の技術にあります。この技術が長期保存を可能にしています。

防災用品を選ぶ際には、この点を理解しておくと良いでしょう。

また、非常時に使えるおすすめの長期保存水もご紹介しますので、安全を確保するためにぜひ準備をしてください。

なぜ長持ちするのか?長期保存水の特性と独自の容器技術

ペットボトル

今回は、長期保存が可能な水について詳しく見ていきたいと思います。このタイプの水は5年から10年、場合によっては15年の賞味期限があります。通常のペットボトルの水が1〜2年の賞味期限であることを考えると、長期保存水は経済的にも非常に魅力的です。

では、何が長期保存水を通常の水と異なるのでしょうか?

一番の違いはその長い賞味期限にあります。長期保存水は、保存時の安心感をもたらします。

さらに、防腐剤や保存料を使用していない点も、通常の水と同じで、その品質は非常に信頼できます。

味の面では、一部の人々が長期保存水に抵抗を感じることもあるかもしれませんが、実際には通常のペットボトル水との間に味の差はありません。

具体的な違いは、何といっても容器の設計にあります。通常のペットボトルは、経済産業省の計量法の基準に従い、500mlの容量が規定量より2%減少すると違反とされるため、微量ながら蒸発を考慮した賞味期限が設定されています。

しかし、長期保存水のボトルはより厚みがあり、水分の蒸発を効果的に防ぎ、外部の匂いの侵入も防ぐ設計になっています。

このように厚みを増した設計により、長期保存水のボトルは耐久性が高まり、長期間の備蓄に適しています。

スポンサードリンク

長期保存水の適切な管理方法と保管場所の選び方

Where

長期保存水は、しっかりと密封され殺菌処理を施されているため、数年間の保存が可能です。今回は、その最適な保管方法をご紹介します。

保管する際のポイントは以下の通りです:

– 涼しくて暗い場所で保管する
– 強い匂いがするものから離して置く
– 段ボールを開封しない
– 賞味期限が一目で分かるようにする
– 緊急時に素早く取り出せるよう、目につきやすい場所に置く

これらのポイントを守ることで、長期保存水を最大限に活用することができます。また、保管場所は避難時に障害とならないよう選ぶことが大切です。

長期保存水専用の段ボール箱は通常のものとは異なり、穴が開いていないため、光や虫、ゴミの侵入を防ぐことができます。飲用前には箱を開けずに保管してください。

賞味期限がはっきりと表示されていると、交換時期の管理も簡単です。ローリングストック法を用いると、非常時でも慌てることなく、また店頭での売り切れを心配することもありません。

賞味期限が過ぎた水は無駄にせず、トイレ洗浄や植物の水やりなどに活用することができます。長期保存水の一番の利点は、消費に急を要しないため、計画的に使用できることです。

おすすめの保存場所

自宅やオフィスでの長期保存水の保管に最適な場所をいくつかご提案します:

– 収納棚やキッチンキャビネットの奥
– 床下収納スペース
– オフィスの書類整理棚や引き出し
– トイレや洗面所の収納棚
– オフィスのデスクの引き出し

これらの場所は目立たない上に、スペースを効率よく使用でき、長期保存水の保管に適しています。

スポンサードリンク

長期保存水を選ぶポイント:特性と正しい選び方

Point

長期保存水を選ぶ際には多様な選択肢があり、どの商品を選べば良いか迷うこともあるでしょう。

通常のペットボトルの水とは異なる特性を把握し、適切な商品を選ぶためのポイントを見ていきましょう。

水の硬度と推奨摂取量

水の硬度はカルシウムやマグネシウムの含有量で決まります。

世界保健機関(WHO)によれば、120mg以下を軟水、それ以上を硬水と分類します。

軟水は消化に優れ、特に高齢者や子供に適しており、日本では広く利用されています。

日常的に飲んでいる水を非常用にもストックすることをお勧めします。

一般的な硬水ブランドとその製品

市場には様々な硬水ブランドがあります。以下はその中のいくつかです。

– ヴィッテル:「高硬度天然水」
– エビアン:「ミネラルウォーター」
– ペリエ:「高硬度天然炭酸水」
– サンペレグリノ:「スパークリングミネラルウォーター」
– フィジー:「ナチュラルミネラルウォーター」
– グライシア:「ハイドロウォーター」
– タイガー:「ミネラルウォーター」

これらの製品を避け、軟水を選ぶことが可能です。

賞味期限とコスト

長期保存水は長い賞味期限が特徴です。

価格はやや高いですが、長期間保存可能なため、コストパフォーマンスは良いと言えます。

購入時はコストと保存期間を考慮して選びましょう。

非常用バッグの水量

非常用バッグには、500mlの水パックが最適です。

2リットルのパックは重く、開封後は速やかに消費する必要がありますから、運搬や保管の効率を考えて適切なサイズを選んでください。

ペット専用の長期保存水

ペット用の水を選ぶ際は、結石を予防するため軟水が適しています。

ペット専用で硬度が低い長期保存水も市販されており、これを選ぶことでペットに安全な水を提供できます。

これらが長期保存水を選ぶ際の重要なポイントです。適切な水を選び、非常時に備えましょう。

スポンサードリンク

まとめ

長期保存水は、通常のペットボトル水と比べて容器が厚く設計されており、長期間の保管に適しています。

この水の味は市販の水と同じなので、日常的に使用しても問題ありません。

保存には涼しくて暗い場所が最適で、段ボール箱は開封せずそのまま保管するのが推奨されます。

 

長期保存水用の段ボール箱は、光や虫、ゴミの侵入を防ぐ設計になっているため、穴は開いていません。

軟水は消化に優れ、高齢者や子供にも適しているため、この種の水の選択が望ましいです。常に必要な量を備蓄しておくことが重要です。

年に一度の点検を実施して、備蓄品の賞味期限や状態をチェックし、必要に応じて更新することができます。点検日を事前にカレンダーに記入しておくと便利です。

長期保存水と通常のペットボトル水の違いを理解することで、非常時の備えがさらに強化されます。長期保存水を用意しておくことで、緊急時には大きな安心感を得られます。

タイトルとURLをコピーしました