LRは右左どっち?簡単に覚えられる3つの方法を紹介

ワイヤレスイヤホン 生活
スポンサードリンク

イヤホンには、「L」と「R」がありますが、どちらが左でどちらが右か迷うことはよくありますね。

「L」と「R」は単純な英単語ですが、瞬時に混乱することがあります。覚えられないことがありますよね。

そこで今回は、わかりやすく解説します!

イヤホンのLRはどっち?

イヤホンを使う前に、「L」と「R」が「左」と「右」のどちらかわからないことがありますが、簡単に覚える方法を紹介します。

まずは基本を押さえましょう!

L→Left(左) R→Right(右) これが覚えられない原因ですよね。

でも心配いりません!

簡単に覚えられる方法を以下で紹介します。

・手を使う

・似ている文字に注目

・アルファベットの順番に着目

手を使う方法

両手(手の甲)を前に出し、親指だけを開いてください。 人差し指と親指で作るL字が、左の「L」に似ている方がLeft(左)です。

注意点! 両手を前に出す時は、必ず手の甲(表)が自分に向かっていることを確認してください。 逆にすると、右手が「L」に見えるためです。

なるほど!これなら子供でも理解できそうです。

類似点を見つけよう

「R」と「右」の共通点を見ていきましょう。

「右」の文字には、「口」のように囲まれた部分があることに注目してください。

同じく、「R」にも「口」のような囲まれた部分が存在します。

この共通点を結びつけてイメージしてみてください…

「R」(Right)=「右」と覚えましょう!

先ほどの手を使う方法よりは難易度が高そうですが、心の中で考えることができるので効果的です。

アルファベットの順番を覚えよう

アルファベットを順番に唱えてみましょう♪(笑)

「ABCDEFGHIJKLM NOPQRSTUVWXYZ」

そして…

「A」から「M」までをアルファベット全体から見ると、「左半分」、「N」から「Z」までを「右半分」と考えます。

そうすると…

最初に登場する「L」は「左半分」に位置するため→「左」 次に来る「R」は「右半分」に位置するため→「右」 と覚えられますよ。

アルファベットがわからないと少し難しいですが(笑)… 最初に出てくる方を「左」と考えることで覚えやすくなります。

例えば、「左右」のように、「L」と「R」を「LR」とセットで覚えてみてください。

「左右」と同時に、「LR」を使うと、常に「L」が「左」であることを覚えやすくなります。

次に、イヤホンの「LR」を間違えた際の問題について紹介します。

スポンサードリンク

イヤホンのLRを間違えると何か問題が起きる?

イヤホンの「L」と「R」を間違えると、何か問題が生じるのかしら?

結論から言うと…

基本的には大きな問題はありません。

しかし、細かく言うと、R(右)とL(左)では異なる音が出ます。

Rの音は右耳で聞くように調整されており、Lの音は左耳で聞くように調整されています。そのため、正しく装着するかどうかで…

臨場感や楽器の位置感などが変わることがあります。

わかりやすく例を挙げますね。

例1.映画鑑賞時 映画の音声は、

右のイヤホンから画面右からの音 左のイヤホンから画面左からの音 と映像に合わせて聞こえてきます。

そのため、逆につけていると視覚と聴覚が合わず、違和感を感じることでしょう。

例2.オーケストラの演奏など オーケストラの演奏は、録音時の楽器の位置から音が再生されます。

そのため、クラシックを愛する人なら、逆につけるとすぐに違和感を感じることでしょう。

アーティストは音の位置を考慮して制作するため、左右を正しくつけることが礼儀かもしれません。

その他にも、イヤホンは耳の形に合わせて作られている場合があり、逆につけるとすぐに落ちることもあります。

以上の理由から、「L」と「R」をきちんと確認して使用することがおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

今回のポイントをまとめます。

・「LR」を覚えるための方法として、手を使う方法や文字の類似点に注目する方法などがあります。 ・イヤホンの「L」と「R」を間違えて使っても基本的に大きな問題はありませんが、音楽の臨場感や楽器の位置感に影響があることもあります。

英単語は簡単なのになぜか覚えられないもの。

普通に覚えられないのなら、様々な方法を試す必要がありますが…

簡単に覚えられないと意味がありませんよね。

ですから、今回紹介した方法は非常に簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました