ピアノが両手で弾けない!独学でも両手で弾けるようになった方法はこちら

ピアノ

ピアノが両手で弾けない!!!
という悩みで行き詰まっていませんか?

ピアノを両手で弾くことは難しいですよね。片手ずつの練習も難しかったと思いますが、両手になると難易度が一気に上がります。

しかし、独学でピアノを始めた私でも両手で弾くことは出来るようになりました。

どんな方法で弾けるようになったのか紹介したいと思います。

ピアノを両手で弾くのは難しい

ピアノを両手で弾くのは難しいです。

私の経験ですが、右手、左手それぞれ片手ずつなら練習することで弾けるようになりました。しかし、両手で弾こうとした途端頭が真っ白になって手が止まってしまう。そこからなんとか弾こうとしても、全く手が動かない。本当に動かしたい指が全く分からず手が石のように固まってしまいました。

なんとか打破しようとして、左手の伴奏から始めて右手のメロディに切り替えようとしてもうまく行きませんでした。

右手と左手の切り替えが全く出来ていないんですね。

両手で弾くなんて、独学では無理なんじゃないかとまで考え、やめてしまおうかと悩んだ事もありました。

それだけ両手で弾く事は厚くて高い壁となって立ちはだかったのでした。

どうすればピアノを両手で弾けるようになるのか

ピアノを両手で弾けるようにするには、両手で別々の動きができるようになればいいんです。

両手で同じタイミングでドレミファソを弾くことは、比較的簡単にできます。

これは、左右で同じ、もしくは似たタイミングで似た動きをすることは容易にできると言うことです。

同じ動きなら出来る。

それなら、違う動きが出来るようにするにはどうすればよいか?

ちなみに、左右の指で違う動きをすること自体は出来ます。例えばSwitch等のゲームは、左手で方向をコントロールして、右手でジャンプなどのタイミングで押します。左右の指が別の動きですね。

また、パソコンのキーボードを入力するときのブラインドタッチ。これも左右別な動きです。

他の楽器ができるようであれば、そちらも左右の指が別な動きをしていると思います。

このように、左右同時に指を動かす事は日常生活の中にも意外とあります。ですから、必ず両手で弾くことができるようになります。

まずは、自分でも左右の指が違う動きができると思うこと。そして、ピアノを両手で弾けると信じましょう。

かなり悩みながらも両手で違う動きができるようになった方法がこちらです。

独学でピアノを両手で弾けるようになった方法

私が行った方法は、1音ずつタイミングを合わせる事でした。

まずは左右それぞれ弾けるようになります。

次に、両手で合わせて弾こうとしても、なかなか弾けません。

そこで、1音づつ同じタイミングで弾く音を合わせながら弾きます。

楽譜の場合は、上下2段になっていますので、上と下で同時に引いている音はどれかを確認します。そして実際に左右それぞれで指を合わせて引いてみます。1音合わせたら、次の音で指の確認をします。こういった具合に1音づつ左右の音・指のタイミングを合わせていきます。1小節確認出来たら続けて引いてみます。これを続けて少しづつ弾ける音を増やしていきます。

この作業を繰り返しすることで、少しづつ両手で弾くことが出来るようになりました。

まとめ

独学でもピアノが両手で弾けるようになった方法をお伝えしました。

方法は地味でシンプルだと思います。それだけに、誰でもできる方法だと思います。

少しづつ行うことで、必ず誰でも両手でピアノを弾けるようになります!

独学で始めて両手で弾けないとお悩みであれば、お試し下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました