洗いやすい1リットル水筒の選び方:プラスチック製、タイガー、象印製品を紹介

水筒 生活
スポンサードリンク

手がスムーズに入る1リットル水筒についてご説明します。

以下のようなお悩みを抱えている方も多いかと思います。

– 水筒がしっかり洗えているか心配
– 水筒の口が狭くて大きな氷が入れにくい
– 手が入りやすい1リットル水筒をどれにするか迷っている

水筒を清潔に保つことは多くの人にとって重要な問題です。手を入れて洗えるタイプの水筒なら、清掃がずっと楽になります。しかし、市販の多くの水筒は口が狭く洗いにくいのが実情です。

プラスチック製やタイガー、象印など、有名ブランドから選べるオプションも豊富ですが、どれを選ぶかは迷うところです。

そこで、手が入りやすく、洗いやすい1リットル水筒を取り上げてみました。

この記事で分かること:
– 手が入る1リットル水筒のメリット:広い口で洗いやすく、その他の利点
– プラスチック製のおすすめ水筒:シービージャパン製を含む3つの選択肢
– タイガーのおすすめ水筒:真空断熱ボトルシリーズ
– 象印のおすすめ水筒:SF-CC13など3つ

それでは、実用的で洗いやすい1リットル水筒を詳しくご紹介します。

1リットル容量の手が入る水筒のメリット

水筒 白

手がすっぽりと入り、簡単に洗える1リットル水筒には、次の3つの大きなメリットがあります。

【メリット】

– 広い口径で洗浄が容易にできる
– 大きな氷も簡単に入れられる
– 水筒の底まで手を入れてしっかり洗える

市場には多くの水筒があり、様々な素材や機能を持つ製品が各メーカーから提供されていますが、特に手が入りやすい1リットルの水筒に焦点を当てて紹介します。

家族で使う水筒は常に清潔に保ちたいものです。湿度が高い季節では特に水筒の清掃が重要です。

広口で手が入るタイプの水筒を選ぶことは衛生面を考えると重要です。一般的には、手が入る水筒の口径は少なくとも6.7cm以上が理想的です。

大きな口径の水筒は1リットルから2リットルの容量が一般的です。これが多く感じられるかもしれませんが、一日の推奨水分摂取量は体重に応じて1~2リットルとされていますので、1リットルの水筒は日常的に適切な水分量を摂るのに最適です。各製品の機能や特長を詳しく解説するため、選ぶ際の参考にしてください。

スポンサードリンク

おすすめの洗いやすいプラスチック製水筒3選

水筒 プラスチック

プラスチック製の水筒をお探しですか?

軽くて扱いやすく、割れにくいプラスチック製の水筒は、多彩なデザインが楽しめる透明タイプが多く、フルーツやハーブティーを入れると見た目も美しくなります。

さらに、プラスチックはリサイクル可能で環境に優しい素材です。

以下で特におすすめのプラスチック製水筒を3つ紹介します。

【おすすめ3選】

1. CBジャパンの「santeco Track&Go」
2. ナルゲンの「広口1.0L Tritan™ Renew」
3. TSQIBUの1リットルボトル

CBジャパンの「santeco Track&Go」

このモデルは透明なプラスチック製で、持ち運びに便利なリングが付いています。

水分補給の目安となるマーカーが施されており、毎日の水分量を簡単に管理できます。ワンタッチで開閉できるロック機能付きキャップがあり、バッグの中で勝手に開くことがありません。

また、本体とキャップは分離でき、洗いやすくなっています。

私の家族が使っており、ウォーキング中にマーカーがとても役立つと言っています。

ナルゲンの広口1.0L Tritan™ Renew

[nalgene] ナルゲン 広口1.0L Tritan Renew ☆ 732080 916xx
YOSHIKI P2インターネットショップ
¥ 2,376(2024/06/20 00:10時点)

この水筒は18色のカラーバリエーションを楽しめ、蓋がストラップで本体に固定されているため紛失する心配がありません。

耐久性に優れており、軽量であるため、最高温度100℃から最低温度-20℃まで対応可能です。これにより、アウトドア活動に最適です。

また、コーヒー豆やナッツなどのスナックも入れることができる多用途性があります。

国際的な持続可能性認証であるISCC認証も取得しているため、環境への配慮も抜かりありません。

TSQIBUの1リットルボトル B0BPXSW454

この水筒には、水分補給の適切なタイミングを忘れないようにするためのリマインダー目盛りと水量目盛りがプリントされています。

取り外し可能なストローが付いており、4つの鮮やかな色から選べるため、見た目も楽しむことができます。

その洗練されたデザインと色彩は特に女性に人気で、多くの方に愛用されています。

スポンサードリンク

象印の手がすっぽり入って洗えるおすすめ水筒3選

象印は保温保冷機能に優れた製品を提供する著名なマホービンメーカーです。

その水筒はシンプルなデザインながら機能性に富み、特に男性に人気があります。

今回は、手をすっぽりと入れて洗いやすい水筒を3つ選んでご紹介します。

【象印のおすすめ水筒3選】

– SF-CC13
– SJ-TG10
– SD-BD20

SF-CC13(TUFFステンレスボトルシリーズ)

このモデルは、コップ付きの蓋が特徴で、手を楽に入れて内部を洗えます。

ラクリアコート加工により、汚れやニオイが付きにくく、本体と注ぎ口を分解して洗えるため、常に清潔に保てます。

実際に展示品を手に取った際、底まで手が届くことで洗いやすさを実感しました。私もこの水筒の購入を検討しており、その使いやすさが非常に魅力的です。

持ち運びに便利なハンドルも付いており、特に暑い時期に重宝します。

さまざまなサイズがあるため、自分に合ったものを選べる点も大きな利点です。

SJ-TG10 ステンレスボトルシリーズ

象印マホービン ステンレスボトル SJ-TG10 AA ブルー
ケーズデンキ 楽天市場店
¥ 3,828(2024/06/20 00:11時点)

この水筒は軽量でコンパクトながら、手を楽に入れて洗えるデザインが特徴です。

ラクリアコート加工により、ニオイや汚れが付きにくくなっており、保温および保冷機能も優れています。

これにより、夏は冷たい飲み物、冬は暖かい飲み物を持ち運ぶことができ、一年中役立ちます。

冬には特に暖かい飲み物を持ち歩けるため、寒い日には大変便利です。

以前のSF-CC13モデルにはハンドルが付いていましたが、このモデルはより柔軟性を持たせるため、取り外し可能なストラップが付いており、肩から掛けることができます。

SD-BD20 TUFFステンレスシリーズのクールボトル

この水筒は口径が広く、7cmもあるため、手を簡単に入れて洗うことができます。

カラーバリエーションは3色あり、内部にフッ素コーティングが施されているため汚れが付きにくく、錆びにくい特性を持っています。

飲み口部分は分解して洗うことができるので、衛生的に使用することが可能です。

このモデルは容量が2リットルと大きめで、スポーツ選手や夏場の屋外作業者に特に人気があります。

また、美容を意識する方々にも推奨される水分補給量を持つため、日常的な水分摂取に適しています。

スポンサードリンク

タイガー製で手が入って洗えるおすすめ水筒3選

タイガーは象印とともに高品質なマホービンを製造する有名なブランドで、その真空断熱ボトルは保温保冷性能が非常に高く、長時間持続することで評価されています。

ここでは、手が楽に入り、簡単に洗えるタイガーの水筒を3つ選んでご紹介します。

【タイガーのおすすめ水筒3選】

– MME-F100
– MTA-T120
– MHK-A152

MME-F100 真空断熱ボトルシリーズ

このモデルは口径が7cmと広く設計されており、内部を簡単に洗えるようになっています。

スーパークリーン加工により、汚れや臭いが付きにくく、清潔に保ちやすいです。

スポーツドリンクなども入れることができ、用途が広がります。

付属のポーチは樹脂製で外部の衝撃に強く、水筒の破損や傷を防ぎます。

また、ポーチには名前を書けるスペースがあり、紛失や取り違えの心配を軽減します。

活動的な子供がいる家庭に特におすすめのモデルです。

MHK-A152 真空断熱ボトルシリーズ

このモデルはコップで飲むタイプの水筒で、スパークリン加工が施されており、スポーツドリンクの保管にも適しています。

真空断熱技術を採用しており、優れた保温と保冷機能を提供します。

容量は1.49リットルと大きめで、持ち運びに便利なハンドルと肩掛けベルトが付いているため、さまざまな持ち方が可能です。

特に5月からの気温上昇時に役立ち、屋外で活動する子供や屋外の職場で働く人に最適です。

私自身もこの水筒を使用しており、職場でこのモデルを使用している人が多いのを見かけます。

長時間の保冷機能があり、いつでも冷たい飲み物を楽しめるので、非常に重宝しています。

MTA-T120 最新の真空断熱炭酸ボトル

この水筒は炭酸飲料に特化したデザインで、炭酸ガスが逃げにくいキャップが装備されています。

スーパークリーンPlus加工により、ニオイや汚れが付きにくく、炭酸の気化も防げます。

飲み口は小さめですが、その機能性の高さが特徴です。炭酸飲料専用の水筒は珍しく、私も購入を検討中です。

子供の頃にこのような水筒があれば、学校に炭酸ジュースを持って行っていたでしょう。

暑い時期にいつでも冷たい炭酸飲料を楽しむことができるのは大変便利です。

まとめ

プラスチック製、象印、タイガーの各ブランドから手が簡単に入って洗える水筒を紹介しました。

– 1リットルの水筒の大きな利点は、広い口径で洗いやすいことです。
– プラスチック製でおすすめの水筒には、シービージャパンの製品などがあります。
– タイガーのおすすめは真空断熱ボトルシリーズです。
– 象印では、SF-CC13などのモデルが推奨されています。

これらの情報をもとに、求める水筒を見つける手助けができれば幸いです。

夏が近づくにつれ、十分な水分補給の重要性が増します。手が入りやすく簡単に洗える水筒は、衛生面でも安心です。1リットルの水筒を選ぶ際には、この記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました