50センチってどれくらい?日常のアイテムでかんたんに測る方法をご紹介!

何センチ? 生活
スポンサードリンク

春から小学校へ入学する子どもの部屋を整理していたとき、ゴミ箱がまだ置かれていないことに気がつきました。ネットで見つけたお気に入りのゴミ箱は高さが50センチだったのですが、実際にどのくらいの大きさなのか想像がつきませんでした。そして、困ったことにちょうど必要なときにメジャーが見つからないのです。

そこで、大まかでもいいから50センチがどのくらいなのか測れないかと考え、調べてみることにしました。この記事では、日常にあるものを使って50センチがどれほどの長さなのかを簡単に把握する方法をお伝えします。

50センチの長さを知る

疑問

以下のような、家にある普通のアイテムを使って50センチの長さを理解しやすく説明します。

  • A4用紙の最長辺と最短辺を合わせた長さ
  • B5用紙を縦にして2枚重ねた長さ
  • B4用紙を横にしたときの高さ
  • 新聞の縦の長さから、1円玉2枚分を差し引いた長さ
  • 1リットルのペットボトルを縦に2本並べた高さ
  • 標準的なボールペンやシャープペンシルを4本横に並べた長さ

これらは、ほぼどの家庭にもあるアイテムばかりです。それでは、具体的に見ていきましょう。

A4用紙の周囲の長さ

A4用紙

A4サイズの用紙は通常、縦が297mm、横が210mmであるため、縦と横を合わせた全長は507mm、すなわち50.7センチメートルとなります。

297mm(縦)+210mm(横)=507mm=50.7cm

A4サイズは、仕事や学校で使われる書類、家に届くチラシなど、日々目にするコピー用紙のサイズとして広く認知されています。A4用紙が手元にあれば、50cmを簡単に測ることができます。

B5用紙を縦にして2枚重ねた長さ

B5用紙の縦の長さは25.7センチメートルで、この用紙を縦にして2枚重ねると、全長は51.4センチメートルになります。

25.7cm(縦1枚目)+25.7cm(縦2枚目)=51.4cm

B5サイズは、「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」、「りぼん」や「マーガレット」などの漫画雑誌や週刊誌に使われることが多いサイズです。これらの雑誌を縦に2冊並べることで、約50センチメートルの長さを確認でき、家でのDIYプロジェクトや収納計画に役立ちます。

B4用紙を横にして2枚並べた長さ

B4用紙の横の長さは25.7センチメートルで、縦向きにして横に2枚並べると、合計で51.4センチメートルの長さになります。

25.7cm(横1枚目)+25.7cm(横2枚目)=51.4cm

B4サイズは日常でよく見るサイズで、新聞の折り込み広告や学校で使われるノートなどに使用されます。例えば、セミB5サイズのノートを開いたときの幅は約50.4センチメートル(25.2cm×2)で、これは50センチメートルに非常に近い値です。B4サイズのアイテムはイメージしやすく、日常でのさまざまな測定に便利です。

新聞紙を使って50センチを見積もる

新聞

日々受け取る一般的な新聞の縦のサイズは約54センチメートルです。この長さから4センチメートルを引くことで、大体50センチメートルの長さを推測することができます。具体的に4センチメートルを引く際、手軽に使えるのが一円玉です。一円玉1枚は直径が2センチメートルで、2枚だとちょうど4センチメートルになります。そのため、標準的な新聞の長さから一円玉2枚分を差し引けば、ほぼ50センチメートルを測定できます。

約54cmの新聞の長さ – 2cm(一円玉1枚の直径)×2 = 約50cm

新聞と一円玉は身近にあり、この方法で簡単にサイズ感を得られます。

1リットルのペットボトルで50センチを測る

ペットボトル

市場に出ている1リットルのペットボトルは、だいたいの高さが25センチメートルです。そのため、これらを縦に2本並べると、約50センチメートルを測定できます。

25cm(1リットルペットボトルの高さ)×2 = 約50cm

1リットルのペットボトルは主に水やお茶などに見られ、ジュースでは種類が限られています。また、1リットルと見間違えやすいコーヒー飲料でも、実際には900ミリリットルで販売されることが多いです。

筆記用具で50センチを測る

ボールペン

標準的なボールペンやシャープペンシルの長さは、およそ12.7センチメートルです。これを4本並べることで、ほぼ50.8センチメートル、すなわち大体50センチメートルの長さを算出できます。シンプルなデザインの筆記用具がこの寸法に一致することが多いです。

12.7cm(一本の筆記用具の長さ)×4 = 約50.8cm

筆記用具を直線に整えて並べる際は、机の端などをガイドにすると良いでしょう。配置がずれると、計測値に影響が出る可能性があります。

筆記用具は容易に入手可能で、しばしば小さなプレゼントとしてもらうことがあります。この方法で長さを測ることは、算数教育において実例を用いる学習に特に有効です。実際のアイテムを使うことで、単なる数字以上に理解を深めることができます。

スポンサードリンク

まとめ

50センチメートルを測るのに役立つ、新聞、ペットボトル、筆記用具などは、日々の生活で簡単に手に入るアイテムです。これらを使用することで、大型家電の購入時などに前もってサイズ感を把握するのに大変便利です。メジャーがない時でも、これらのアイテムを使うことで容易にサイズを確認できるため、必要な時にすぐに役立ちます。日常的にこれらのアイテムのサイズを覚えておくことで、メジャー無しでも直感的にサイズを把握できるようになります。

 

タイトルとURLをコピーしました